堺市相談支援ネットについて

特定非営利活動法人堺市相談支援ネットの理念

特定非営利活動法人堺市相談支援ネットは、公益性の高い社会的に信頼される団体として、行政をはじめ地域住民や関係機関との連携と協力の下、身体障害・知的障害・精神障害など障害のある方々やご家族などへの総合的な相談支援を行うことにより、障害のある方の地域での幸せな暮らしの実現を目指します。

相談支援の行動指針

  1. 私たちは、相談者が安心して相談できる相談支援に努めます。
  2. 私たちは、家庭訪問などを積極的に取り入れた相談支援を通じて、相談しやすい環境づくりに努めます。
  3. 私たちは、相談者が自らの意思によって選択し、決定する権利を尊重した相談支援に努めます。
  4. 私たちは、相談者のプライバシーを守り、個人の情報が承諾なしに使用されないように管理します。
  5. 私たちは、相談者の質問、意見、要望などを真摯に傾聴し、解決、改善を図ります。
  6. 私たちは、相談者のより良い生活に向けて、保健・福祉・医療など多面的なネットワークによる相談支援に努めます。
  7. 私たちは、相談者のニーズに柔軟に幅広く対応する相談支援に努めます。
  8. 私たちは、社会福祉に関する知識・情報を修得することにより、高い専門性に支えられた相談支援に努めます。

法人の設立経緯

堺市ではH13年度に委託相談支援事業が開始されました。従来から障害者支援に取り組んできた各団体が受託し、障害のある方が地域で自分らしく暮らしていくために相談支援を積み重ねてきました。

H18年度には相談支援の資向上、各機関との連携を目標に「堺市障害者(児)生活支援センター連絡協議会」が発足しました。これが現在の堺市相談支援ネットの前身です。

その後、相談者のニーズの多様化や課題の複雑化に対応するため、堺市障害者自立支援協議会で検討がなされH23年度に特定非営利活動法人堺市相談支援ネットを設立。H24年4月より堺市から障害者基幹相談支援センター事業を受託し、運営しています。